AsahiKASEI

会社を知るCOMPANY

旭日繊維HOME>会社を知る

社長メッセージ

代表取締役社長 中村 哲也

「ハイテク織機を使って、世界のファッションシーンへ」

旭日繊維株式会社は旭化成グループの「ベンベルグ」裏地を中心にアウターや中東向け民族衣装用の生地生産を行う機業場です。創業およそ100年の歴史で培った高い技術力と品質管理を基盤に、世界そして日本のファッショントップブランドの使用する高級素材を最新鋭の革新織機で製造しています。
私たちはこれまで磨き続けてきた製造技術と品質管理でお客様のニーズにそった提案と素材開発を続け、しっかりと社会に貢献できる会社として取り組んでまいります。

代表取締役社長 中村 哲也

経営理念

お客様と地域に愛され
会社の繁栄と従業員の幸せを
全社員が力を合わせて目指します。

会社概要

会社名
旭日繊維株式会社
本社・工場
〒915-0242 福井県越前市粟田部町5号44番地
電話番号
0778-42-0870
業種
ベンベルグ®織物製造
設立
1983年10月1日(日出織物と旭織物が合併)
  日出織物(株) 1923年4月8日設立(当地)
  旭織物(株) 1949年9月19日設立(富山県)
資本金
9,900万円
株主
旭化成(株)99.8%、他0.2%
敷地
27,995㎡
建物
6,076㎡
主要受注先
旭化成(株)、旭化成アドバンス(株)等
生産能力
ベンベルグ®織物 約100万m/月(約2万疋相当)
役割
ベンベルグ®裏地の生産拠点
ベンベルグ®裏地・アウター生地開発拠点
ベンベルグ®原糸の品質情報のフィードバック

設備

エアージェット織機
171台
サイザー
2台
ビーマー
2台
検反機
4台
自動筬通し機
1台
リージングマシン
2台
タイイングマシン
3台
  • サイジング
  • 織機
  • 検反

【クリールの様子】

アクセスマップ