AsahiKASEI

人を知る-先輩からのメッセージ-MESSAGE

旭日繊維HOME>人を知る

先輩からのメッセージ

  • 夏目絵美
  • 高橋 和幸
  • 成田知予
  • 乙部典弘
  • 見延文代

夏目 絵美

準備課(差入)2008年4月入社
夏目 絵美
Emi Natsume

働きやすい環境を整えてもらえることで、家族を大切にしながら働くことができます。
現在、子供2人の子育てをしながら勤務しています。2人の産前産後の休暇、育児休暇はしっかりと取ることができました。
1人目の妊娠中に仕事を辞めようかどうか悩みましたが、同僚の人達に体調のことを配慮して仕事のサポートをして頂けたので、1人目に続き2人目も悩むことなく考えることができました。子供の行事や突然の病気の時など、部署内の方たちに理解してもらえているので、有給休暇も取りやすいです。
仕事と家庭の両立は大変ですが、会社が働きやすい環境を整えてくれていることで家族との関わりを大切にしながらも、仕事を続けることができています。

夏目 絵美

準備課 2005年6月入社
高橋 和幸
Kazuyuki Takahashi

高橋 和幸

品質を保つために一つ一つ丁寧に作業する。縁の下の力持ちの役割を担う準備課。
準備課は、当工場において生産の基盤となる部署です。織物業界の中では「織物の品質は準備で決まる」とよく言われるように、ここでの品質や進捗状況がその後の工程に多大な影響を与えることになります。とは言うものの過度に難しい作業があるわけではなく、正しい作業と確認とを繰り返していくことが重要となってきます。縁の下の力持ちのような役割で一つ一つの作業の積み重ねに達成感を得られる、働き甲斐のある職場です。

高橋 和幸

成田 知予

織布課 2015年3月入社
成田 知予
Tomoyo Narita

経験がない人にも優しい職場。雰囲気がよく働きやすい会社です。
率直に、経験のない人にも優しい職場だと感じました。入社当初は繊維といってもどんな仕事内容なのか、どういった製品を作るのかなど分からないことだらけだったのですが、2ヶ月間の研修期間で自分が働く環境を詳しく知ることができたので、心配する必要はありませんでした。
また、どの部署でも優しく気さくな先輩ばかりで、分からないことがあれば親身になって教えてくれる、雰囲気がよく働きやすい職場です。

成田 知予

乙部 典弘

織布課 2005年6月入社
乙部 典弘
Norihiro Otobe

市場で受け入れられる新商品を提供することができた時に技術者としての醍醐味を感じます。
入社以来、織布課の保全工として勤務してきました。今では織機の調整だけでなく、商品の企画・開発をも担当しています。自分の培ってきた経験や技術を活かして織機の調整、修理を行い、うまく動作してくれた時に仕事のやりがいや面白さを感じます。仕事をする上で覚えていくことはたくさんありますが、欠点のない商品を作ることができた時、市場で受け入れられる新商品を提供することができた時に技術職としての醍醐味を感じます。

乙部 典弘

見延 文代

織布課品質保証係(検査)1996年8月入社
見延 文代
Fumiyo Minobe

仕事の優先順位を考え、効率よく動く。大切な最終工程に位置づけされるやりがいのある仕事です。
私は織り上がった生機の検査と出荷業務を担当しています。織布課との連携を図り、欠点を早期に発見できるよう心掛けています。そして納期を守るために仕事の優先順序を考え、効率よく動くことを意識しています。また仲間に気軽に相談する、それに加えて相談してもらえるような雰囲気作りを大切にしています。当工場の最終工程に位置付けされるので個々のスキルを求められる、奥が深い仕事です。

見延 文代